ベテラン家庭教師と学生の違い


家庭教師というと、以前は学生が行うアルバイト、という印象が強かったのですが、最近では家庭教師を生業としている、ベテラン家庭教師も増加しています。 専門職、つまりプロの家庭教師と、アルバイトとして家庭教師を行っている学生とでは、さまざまな違いがあります。 学生アルバイトの家庭教師との一番の違いは、やはり指導力の高さにあります。


学生は家庭教師の経験も浅く、また学業の傍ら行っています。 自分自身の勉強ができるからと言って、生徒の分からないところを的確に捉えて、勉強ができるように指導できるとは限りません。 また、家庭教師は1対1での勉強となるため、年の近い大学生とでは相性なども大きく関係してきます。 また、学生ですと本業である学業や、クラブ活動などが優先となることもあります。 そのため、思うように授業が行えなかったり、進級によってキャンパスが変わったり、就職によって家庭教師が続けられなくなることも良くあります。


一方、ベテランの家庭教師は、生徒に合わせて教える、ということを専門的に行い、経験を積んでいることから、生徒が苦手としていることや、得意なことなどを把握して、成績を上げることに長けています。 また、大学で指導の方法を学んでいたり、塾の講師や教員として、実際に壇上に立って教えていた経験があったり、 家庭教師として、教え子の成績をアップさせたり、志望校へ合格させたり等、具体的な実績を持っている教師も多いのです。 また、専業ですので、生徒に合わせた日時に授業をすることができます。